Powered by FC2 独り身GAYのライフレコード ...
FC2ブログ


忍び寄る老いと病に慄く、恋人ナシ・貯金ゼロの淋しく貧しい下流GAY…。まだまだ先の見えないこの人生、もし更新が長きにわたって途絶えたら、何かあったと思ってください。

※初めての方は「About This Blog」をお読みください。

<主な登場人物>






2020年05月01日(金)

カテゴリー:HIV関連


あたし いかがお過ごしですか?
いっぽ 週に3日は在宅勤務になりまして…。
あたし あらぁ~、それはなにより。
いっぽ でも、時々微熱が出るんです。今日みたいに37℃くらい…。
あたし やっぱりコロナかしら?
いっぽ 空咳も出てます。
あたし いよいよお迎えですわね。長い間、ご苦労さまでした。
いっぽ シムツーザも効いてないようです。

あたし 病院へは行ったの?
いっぽ 不安なので今日電話してみたら、まだコロナだとは言い切れないって。でも、熱が高くなったら、保健所に電話しろだって…。
あたし そんなの繋がらないでしょ?
いっぽ 保健所で埒が明かなかったら、病院に電話していいんだって。
あたし それで何とかなるの?
いっぽ 一応、僕の掛かっている病院ではPCR検査ができるんです。
あたし んまー、よかったですわね!!

いっぽ それがPCR検査っていうのは、別にコロナにだけに限られてものじゃなくて、HIVや他の感染症でも行われてる検査法なんだって!! 電話で先生がそう言いましたよ。
あたし やだー、てっきり、コロナ限定の特別な検査だと思ってましたわ。
いっぽ でしょ? こういうことって、テレビや新聞では報道されませんよね?
あたし あたしたち、知らない間に勘違いさせられてたんだわ…。
いっぽ 別に特別な検査法だとは報道されてないんですけど、なんか全体としてそんなイメージを植え付けられてますよね。
あたし マスコミって、こわい…。
いっぽ でね、調べてみたら、あの悪名高い「専門家会議」に、病院の関係者が名前を連ねてて…。
あたし キャー、それっていいこと? 悪いこと?
いっぽ んー…万一、僕がコロナに罹って手遅れで死んだら、そりゃ病院の沽券にかかわる重大事件になるでしょう。けど、たぶん表沙汰にはならないと思います。
あたし 闇から闇へと葬られるのね…。

いっぽ 思えば、志村けんも岡江久美子も、言いつけを守って自宅待機してたからあんなことになってしまって…。
あたし でもあれは、「4日間の経過観察を国民が誤って理解していたから」って、厚労大臣が言ってましたわ。
いっぽ えー、だって保健所に電話すると「まずはかかりつけ医に診てもらえ」って言われるんですよ。
あたし じゃ、そのかかりつけ医が、専門家会議の関連施設だったら?
いっぽ そりゃ当然、PCR検査やってくれるでしょ…もちろん、重症化しやすい人にも含まれてますし…。
あたし つまり、エイズ治療の拠点病院なら、PCR検査できるってことね。 
いっぽ 東京都下だけで42拠点もありますよ。
あたし んまー、それってHIVに罹ってて良かったってこと?
いっぽ そういうことになりますねぇ~。

あたし どっちにしても、これ以上はお熱が上がらないようにしてくださいまし。
いっぽ では、そろそろこのへんで…
あたし 失礼いたしました。
いっぽ ごきげんよう。
 
Calendar


Recent Entries
About This Blog

『独り身GAYのライフレコード』にようこそ! 僕はこのブログの著者、熟田津一帆(にきたついっぽ)です。
 元々これはアメブロで書き始めたものだったんですが、なんか僕の書く記事はあそこにはそぐわないようで、こちらに引っ越してきました…。

Profile

熟田津一帆(にきたついっぽ)
 齢37にして大阪から上京し、メディアヒエラルキーの最下層部にブラ下がる。しかし見事に落っこちって、またなんとなく這い上がったけど、そのステイタスは以前の“エセ業界人”とさえ比較にもならないほど下落…。1年以上に渡る失業状態からようやく就業し、かすかに希望が見えてきた気配もままならず…!?
 なお、ペンネームは万葉集・額田王の歌に由来するんですよ。



Archives
Category

         

All Entries
Mail Form

※上のボタンが表示・動作しない場合は
ここをクリック!


Search

my site

RSS
QR Code

QR

       


免責事項

 このブログの著者、熟田津一帆は『独り身GAYのライフレコード』のウェブサイトに掲載する情報に関して、著者なりに内容を確認した上で細心の注意を払っています。
 しかしながら、それらの情報の正確性・最新性・有効性・安全性等に関しては、その一切の保障をするものではありません。よって、閲覧者がこのウェブサイトを利用することで生じる、いかなる損害・損失・トラブル等に関して、どんな理由であれ、当方は一切の責任を負いません。
 また、予告なしに情報の更新・修正・削除等、あるいはサイトの公開を中止・閉鎖等することもあります。

警 告

 当サイト内に掲載されているすべての文章・写真等の無断転載、転用を禁止します。日本の著作権法及び国際条約によって、すべての内容は保護されています。

引用について

 著作権法の引用の要件を満たすものに関してのみ行えます。その際、著者への告知義務はありませんが、引用先の媒体に多数の読者や閲覧者等が見込まれ、当ブログへのアクセス数に多大な影響を与える恐れがある場合には、上記Mail Formにて著者までお知らせ願います。

<引用の要件>
1.引用される著作物が公表されていること
2.引用部分と自分の著作物とが明瞭に区別されていること
3.自分の著作物が「主」、引用する著作物が「従」の関係であること
4.引用する必要性、必然性があること
5.出所の明示をすること

Copyright ©・2008
Ippo Nikitatsu.
All rights reserved.